資料の紹介

 機械の内部に使われる金属パーツを軽量化することのメリットは大きい。パーツを作動させるエネルギーを減らすことができ、燃料や電力を節約できる。効率が高くなることで性能の向上にもつながり、材料の使用量や廃棄ロスを削減することもできる。こうした軽量のパーツを作り出すのに大きな力を発揮するのが金属3Dプリンターだ。

 最適なパーツを生み出すために必要なのは3Dプリンターだけではない。3Dプリントに適したデータを作成できるソフトウエアやソリューションを組み合わせることで真の力を発揮する。

 本資料では、プリンターとソフトウエア両方の機能や特性を、豊富な事例や用例を交えたウェブセミナー形式で解説する。例えばドイツ航空宇宙センターでは、液体燃料ロケット・エンジン・インジェクターのパーツを3Dプリンターで作製することで10%の軽量化を実現するとともに、パーツ点数を30分の1に削減。さらに、従来の製法では不可能だった複雑な冷却水管を内蔵することで推進システムの性能を向上させることができたという。

この先は日経クロステック Active会員の登録が必要です

日経クロステック Activeは、IT/製造/建設各分野にかかわる企業向け製品・サービスについて、選択や導入を支援する情報サイトです。製品・サービス情報、導入事例などのコンテンツを多数掲載しています。初めてご覧になる際には、会員登録(無料)をお願いいたします。