資料の紹介

 新型コロナウイルスの影響でテレワークの導入に踏み切った企業は多い。テレワークで欠かせないツールとなっているのがビデオ会議だ。1日の大部分をビデオ会議に費やすビジネスパーソンも多い。

 そんなビデオ会議で課題となるのが、コミュニケーションの快適性だ。よく聞く悩みが「声が聞き取りづらい」というもの。テレワーク中は大きな声を出しづらいし、スピーカーを大音量にするのもはばかられる。しかも、スマートフォンやノートPCのマイクは周囲のノイズを拾いやすく、聞き取りにくい音質になりがちだ。スマホを片手に持ってマイクに話しかければ音質の問題は解決するが、片手がふさがってしまう。

 こうした問題を一挙に解決するのが、専用のオーディオ機器だ。ハンズフリーと高音質を両立でき、ビデオ会議を格段にやりやすくなる。本資料は、テレワークの実態や課題とともに、ビデオ会議での利用を想定したヘッドセットやスピーカーフォンについて解説している。テレワーク時の生産性に悩むビジネスパーソンやシステム担当者には参考になる点が多いだろう。

この先は日経クロステック Active会員の登録が必要です

日経クロステック Activeは、IT/製造/建設各分野にかかわる企業向け製品・サービスについて、選択や導入を支援する情報サイトです。製品・サービス情報、導入事例などのコンテンツを多数掲載しています。初めてご覧になる際には、会員登録(無料)をお願いいたします。