資料の紹介

 働き方改革の実現やデジタル変革(DX)の推進には業務の自動化が欠かせない。昨今、真っ先に導入されるのが、短期間で目に見える効果を得られるRPA(ロボティックプロセスオートメーション)だ。ただ、個別最適化とブラックボックス化が進む、IT部門の関知しない野良ロボットが量産されるなど、弊害が出てきている企業も少なくない。

 そこで重要になるのが、業務プロセス全体を見直して最適化する「BPM(ビジネスプロセスマネジメント)」である。ムダが多いままだと、プロセスの一部をRPAで自動化しても効率化は進まない。一方、業務プロセス全体を可視化し、ボトルネックを洗い出し、改善を繰り返したうえでRPAを活用すると、自動化の価値を最大限に引き出せる。

 本資料では、BPMを中核とした業務プロセスの最適化とそれを通じたDXについて、豊富な図解で解説する。今後、会計や総務などの定型業務に加えて、顧客接点に近い非定型業務にも自動化の領域が拡大する。そうした領域で役立つ、迅速なアプリ作成が可能なローコード開発基盤を備えたBPMツールも併せて紹介する。

この先は日経クロステック Active会員の登録が必要です

日経クロステック Activeは、IT/製造/建設各分野にかかわる企業向け製品・サービスについて、選択や導入を支援する情報サイトです。製品・サービス情報、導入事例などのコンテンツを多数掲載しています。初めてご覧になる際には、会員登録(無料)をお願いいたします。