資料の紹介

 企業のクラウド移行は年々加速する傾向にある。クラウドによって、ITインフラに関する調達や資産管理などの年単位のスケジューリングは不要になり、IT資産を必要な分だけ調達できることで初期費用も小さく抑えられるようになった。その結果、ITを活用したビジネス展開のスピードは大きく上がった。

 クラウドの特徴のひとつが、APIでインフラを操作できることだ。クラウドを効率的に扱うには、アプリケーション開発でインフラ層のことも考慮する必要がある。そのため開発者がインフラに携わる機会が増え、インフラ監視や運用のスキルが必須となっている。しかし、こうしたスキルはアプリ開発者にとってなじみが薄く、習得が難しい。

 本資料では、開発者と運用者が同じサービス上でインフラを運用監視できるSaaS(Software as a Service)を紹介する。直感的に操作できるUIや多くのAPIなど、開発者が運用監視のスキルを獲得しやすい工夫がなされている。さらに、APIで各種操作ができるため、クラウドとの親和性も高い。日本語の技術サポートや導入支援プログラム、移行と運用を支援するサービスも用意している。

この先は日経クロステック Active会員の登録が必要です

日経クロステック Activeは、IT/製造/建設各分野にかかわる企業向け製品・サービスについて、選択や導入を支援する情報サイトです。製品・サービス情報、導入事例などのコンテンツを多数掲載しています。初めてご覧になる際には、会員登録(無料)をお願いいたします。