資料の紹介

 多様化する業務をいかにして効率化し、採用難・人手不足を乗り越えていくのか。多くの企業が抱える課題である。解決策の一つとして注目されているのが、さまざまなソフトを使うパソコンの作業を、ソフトウエアロボットで自動化する「RPA(ロボティックプロセスオートメーション)」である。

 RPAを導入して手作業メインの仕事を自動化することで、より多くの人手や時間を「考える仕事」や「動く仕事」に振り向ける余裕ができ、「仕事の仕方」の改革にもつながる。しかし、PRAによる業務の自動化をソフトウエア技術者に任せた場合、現場や業務の実情に合わなかったり、操作が難しかったりして、結局は現場に定着しないことがある。

 本資料では、ITやシステムに詳しくない業務部門や事務職の担当者が自身でRPAのソフトウエアロボットを作成できる、現場主体の業務自動化ソフトを紹介する。マウスとキーボードを使って自分の業務を直感的に置き換えられるので、人が人に業務を引き継ぐ感覚で、ソフトウエアロボットに業務を引き継ぐことが可能という。

この先は日経クロステック Active会員の登録が必要です

日経クロステック Activeは、IT/製造/建設各分野にかかわる企業向け製品・サービスについて、選択や導入を支援する情報サイトです。製品・サービス情報、導入事例などのコンテンツを多数掲載しています。初めてご覧になる際には、会員登録(無料)をお願いいたします。