資料の紹介

 「業務効率化」「生産性向上」といったキーワードのもと、非常に多くのRPA(ロボティックプロセスオートメーション)製品が販売されている。RPAを導入することで、業務量の削減をはじめ、人為ミスの防止、情報管理の徹底などの効果を期待できるとして、導入を検討する企業は多い。

 RPA導入を検討する際に重要なのは、「情報システム部門主導」にするか「現場部門主導」にするかを明確にしておくことだ。細かい現場業務を自動化するというRPAの特性を考えれば、実際の業務担当者がRPAの作成や修正を主導する「現場部門主導」が成功の可能性を高める場合が多い。

 本資料では、RPAに適した業務や導入効果を紹介したうえで、「現場部門主導のRPA」選びで押さえるべき5つのポイントを解説する。現場部門が運用を主導する場合は、ExcelやWord、Webブラウザといった基本的なソフトウエアしか使ったことがない現場担当者でも、簡単に使いこなせるようなRPAを選ぶことが成功のカギとなる。

この先は日経クロステック Active会員の登録が必要です

日経クロステック Activeは、IT/製造/建設各分野にかかわる企業向け製品・サービスについて、選択や導入を支援する情報サイトです。製品・サービス情報、導入事例などのコンテンツを多数掲載しています。初めてご覧になる際には、会員登録(無料)をお願いいたします。