資料の紹介

 新型コロナウイルスが与える事業や社会生活への影響は、いまだ予断を許さない状況が続いている。こうした状況に対応するため、企業はテレワークの常態化、会議のオンライン化、押印の必要な業務の見直しなどを進めている。特に製造業では、従業員の安全を確保すると同時に、混乱したサプライチェーンへの対応が重要になっている。

 厳しい状況を乗り切り、ピンチをチャンスに変える鍵を握るのが「業務プロセスの自動化」だ。特に新型コロナウイルスの影響で発生した突発的業務の多くは、自動化の対象になる。例えば在庫管理や販売管理などのシステムにログインし、情報をダウンロードして加工・集計するような反復の多い作業は、真っ先に自動化すべきだろう。

 本資料では、そのための具体的な対策としてRPA(ロボティックプロセスオートメーション)の活用を解説している。実際の大手製造業の事例も取り上げている。同社は最繁忙期に新型コロナウイルスの影響を受け、複合機の部品を予定通りに入荷できない事態に陥った。RPAを使ってどのように苦境を乗り切ったのか。製造業であれば、ぜひチェックしておきたい。

この先は日経クロステック Active会員の登録が必要です

日経クロステック Activeは、IT/製造/建設各分野にかかわる企業向け製品・サービスについて、選択や導入を支援する情報サイトです。製品・サービス情報、導入事例などのコンテンツを多数掲載しています。初めてご覧になる際には、会員登録(無料)をお願いいたします。