資料の紹介

 定型業務をソフトウエアロボットにより自動化するRPA(ロボティックプロセスオートメーション)を導入済みの企業は、2019年のガートナーの調査によると全体のほぼ半数に達している。ただし、障害発生時に多大な影響が出てしまうクリティカルな業務への適用は、依然として検討段階にとどまっていることが多い。

 さらに、RPAを導入したものの、「ロボットが頻繁に止まる」「ユーザー部門にあまり活用されていない」といった課題を抱える企業は少なくない。ある程度の効果を確認でき全社展開も考えてはいるが、技術者やノウハウが足りず二の足を踏んでいるという企業もある。

 本資料では、こうした課題の要因と解決策を挙げたうえで、ツールを活用してRPAの管理と運用を効率化するソリューションを紹介する。プログラミングすることなく業務全体をフローとして定義したり、業務カレンダーに基づきロボットを自動実行させたりすることで、ロボットの開発や保守にかかるコストを抑制できるという。

この先は日経クロステック Active会員の登録が必要です

日経クロステック Activeは、IT/製造/建設各分野にかかわる企業向け製品・サービスについて、選択や導入を支援する情報サイトです。製品・サービス情報、導入事例などのコンテンツを多数掲載しています。初めてご覧になる際には、会員登録(無料)をお願いいたします。