資料の紹介

 働き方改革の実現を目指す企業の間では、定型業務をソフトウエアロボットで自動化するRPA(ロボティックプロセスオートメーション)が注目されている。煩雑で手間のかかる作業を効率化することで生産性が上がるだけでなく、作業ミスをなくすことによる信頼性向上や人的リソースの有効活用にもつながるからだ。

 しかし、実際にRPAを導入するとなると、どの業務にどのように適用すればよいのか、導入効果はどのくらいなのか、といったことが明確にならず、検討の段階から先に進まない場合も少なくない。加えて、RPA製品によって操作性や安定性、コストが大きく違うため、どの製品を選べばよいのかがよく分からないこともある。

 本資料では、こうした課題を解決したい企業向けに具体的なRPA活用事例を紹介する。ある企業では、営業担当者がリモートワークで見積もり用データを販売管理システムに入力、見積書・承認依頼書をPDF出力して所定のフォルダに格納すると、承認者への連絡から承認・押印済見積書の作成・通知までの一連の工程を自動実行するようにして効果を上げている。

この先は日経クロステック Active会員の登録が必要です

日経クロステック Activeは、IT/製造/建設各分野にかかわる企業向け製品・サービスについて、選択や導入を支援する情報サイトです。製品・サービス情報、導入事例などのコンテンツを多数掲載しています。初めてご覧になる際には、会員登録(無料)をお願いいたします。