資料の紹介

 人手不足が慢性化している。2030年の労働人口は2014年に比べて1割以上減るとの予測もある。従来と同じ仕事のやり方はできなくなる日が早晩来る。解決策の1つとして注目されているのが、問い合わせへの自動応答を実現する「チャットボット」だ。しかし、実際に導入するとなると、壁にぶつかる企業が多い。

 自社構築に挑むとメンテナンスの壁にぶつかる。プログラミング知識のない人にとって、チャットボットの作成は意外と難しい。苦労して稼働させても、担当者が人事異動でいなくなる可能性がある。ベンダーに委託するとコストの壁にぶつかる。チャットロボットの作成から運用後のフォローまでベンダーに丸投げすると、年間2000万円以上かかることも珍しくない。

 問題が生じるのはツール選定が間違っているからかもしれない。チャットボットはツールごとに機能や運用性はまちまち。自社の課題とマッチしたツールを選択しないと効果を出せない。本資料では、作成の簡易さとコストの低さを重視したチャットボットツールについて、機能や使い方を詳しく解説している。

この先は日経クロステック Active会員の登録が必要です

日経クロステック Activeは、IT/製造/建設各分野にかかわる企業向け製品・サービスについて、選択や導入を支援する情報サイトです。製品・サービス情報、導入事例などのコンテンツを多数掲載しています。初めてご覧になる際には、会員登録(無料)をお願いいたします。