資料の紹介

 従業員の多くがオフィスに出勤できなくなる事態は、新型コロナウイルスに限らず、台風などの大きな気象災害によっても起こり得る。こうした場合、従業員の在宅勤務によってビジネスを継続する必要が出てくるが、現在のテレワーク環境には、ネットワークに関するいくつかの課題がある。

 まず、自宅からのアクセス回線は共有であることが多いため、時間帯によっては輻輳により十分な回線品質・帯域を得られない。また、オフィス経由でクラウドに接続する場合には、既存のファイアウオールやプロキシの性能不足が顕在化しやすい。いずれの場合も従業員の生産性の低下は免れない。

 本動画では、これらの課題を解決し、在宅勤務に最適な環境を実現する手段として、SD-WAN(Software-Defined Wide Area Network)の活用を提案する。WAN回線の品質を最適化して帯域を最大限使えるようにするほか、特定のアプリケーションに限定して自宅から直接アクセスさせることでオフィス側の負荷を下げる。自宅側に設置するデバイスはエンジニアによる設定が不要で、迅速な展開が可能という。

この先は日経クロステック Active会員の登録が必要です

日経クロステック Activeは、IT/製造/建設各分野にかかわる企業向け製品・サービスについて、選択や導入を支援する情報サイトです。製品・サービス情報、導入事例などのコンテンツを多数掲載しています。初めてご覧になる際には、会員登録(無料)をお願いいたします。