資料の紹介

 新型コロナウイルスの感染拡大でテレワークを導入する組織が増加したことに伴い、一躍有名になったのがクラウドベースのコラボレーションツール「Zoom」だ。ビデオ会議のほか、画面共有、共同注釈、遠隔操作などの機能を一つのプラットフォームで実現しており、使い方も簡便なため企業や教育機関などに急速に普及した。

 しかし、こうしたクラウドベースのアプリケーションのパフォーマンスやユーザー体験の品質は、ユーザーが使用するネットワークに大きく左右される。インターネットではしばしばパケット損失や遅延が起こるが、ビデオ会議のようなリアルタイムアプリケーションの場合、これがユーザー体験の劣化に直結してしまう。

 本資料では、高品質なユーザー体験と可用性を確保しつつも、ネットワークのコストを削減可能というSD-WAN(Software-Defined Wide Area Network)ソリューションを紹介する。クラウド型で提供され、通信メディアに依存しないアーキテクチャーのため、WANリンクのタイプやリンクの組み合わせによらずWAN回線を最適化できる。

この先は日経クロステック Active会員の登録が必要です

日経クロステック Activeは、IT/製造/建設各分野にかかわる企業向け製品・サービスについて、選択や導入を支援する情報サイトです。製品・サービス情報、導入事例などのコンテンツを多数掲載しています。初めてご覧になる際には、会員登録(無料)をお願いいたします。