資料の紹介

 新型コロナウイルス感染症のまん延に伴う緊急事態宣言の発令に伴い、テレワークによる在宅勤務を認める企業が一気に増えた。ITを活用して場所や時間にとらわれない柔軟な働き方を可能にするテレワークは、以前から「働き方改革」でも推奨されており、アフターコロナでも継続したいと考える企業は多い。

 しかし、テレワーク環境下で社内サーバーにあるファイルをメールなどでやり取りすると、バージョンの異なるファイルが散在して最新ファイルがどこにあるかわからなくなってしまう。クラウドでファイル共有すればそうした心配は軽減できるが、今度は情報漏洩や不正アクセスなどのセキュリティ上の不安が出てくる。

 本資料では、そうした懸念を払しょくするための企業向けオンラインストレージを紹介する。社外とのファイル共有用に、「アカウント発行による受け渡し」「ファイル配信」「アカウント不要の公開スペースでの受け渡し」の3つの方法を用意。IPアドレスや利用者権限によるアクセス制限や、利用者の操作ログを証跡として保管することも可能だ。

この先は日経クロステック Active会員の登録が必要です

日経クロステック Activeは、IT/製造/建設各分野にかかわる企業向け製品・サービスについて、選択や導入を支援する情報サイトです。製品・サービス情報、導入事例などのコンテンツを多数掲載しています。初めてご覧になる際には、会員登録(無料)をお願いいたします。