資料の紹介

 企業による「新興ワークロード」への投資が一層進んでいる。あるベンダーの調査で、新たなITインフラ投資の67%は人工知能(AI)やデータ分析、IoTといったいわゆる「新興ワークロード」へ向けられていることが判明した。これからのプラットフォームには、演算性能やI/O帯域の革新が必要とされている。

 こうした中、AMDが2019年8月に正式発表したサーバーCPU「第2世代EPYC(エピック)プロセッサー」。高い演算性能により、サーバーメーカーはもちろんのこと、クラウド事業者や先進ユーザーの注目を集めている。

 本資料では、第2世代AMD EPYCプロセッサーを搭載、仮想化/VDI(仮想デスクトップ)、SDS(ソフトウエア定義ストレージ)から、HPC(高性能計算)/データ分析までの用途に最適化されたサーバー製品の特徴やスペックを紹介する。

この先は日経クロステック Active会員の登録が必要です

日経クロステック Activeは、IT/製造/建設各分野にかかわる企業向け製品・サービスについて、選択や導入を支援する情報サイトです。製品・サービス情報、導入事例などのコンテンツを多数掲載しています。初めてご覧になる際には、会員登録(無料)をお願いいたします。