資料の紹介

 ホスティング事業者にとって、高性能で安定性に優れたレンタルサーバーを顧客に提供することは最も重要なサービスの1つだ。そこで、最新技術を搭載したサーバーをつぶさにウオッチしている。

 このような中、米AMDが2019年8月に正式発表したサーバー向けCPU「第2世代EPYC(エピック)」について、同CPUの高い演算性能に着目したホスティング事業者や先進ユーザーの間で、ハードウエアの革新技術として、久々に大きな盛り上がりを見せている。

 本資料では、第2世代EPYCプロセッサー搭載サーバーの導入を決断したホスティング事業者のサーバー選びの裏側を報告する。ホスティング事業者にとってサーバーはビジネスの“命”であり、サービス向上の鍵である。ホスティング事業者がサーバーを選択する目は厳しい。検証の結果、「従来使っていたサーバーに比べて2倍近くの性能向上の効果が出る」(同社)ことが分かったという。

この先は日経クロステック Active会員の登録が必要です

日経クロステック Activeは、IT/製造/建設各分野にかかわる企業向け製品・サービスについて、選択や導入を支援する情報サイトです。製品・サービス情報、導入事例などのコンテンツを多数掲載しています。初めてご覧になる際には、会員登録(無料)をお願いいたします。