資料の紹介

 現在、多くの企業が“withコロナ”時代の新常態(ニューノーマル)への移行で悩んでいる。テレワークのさらなる普及が見込まれる一方、従来の業務プロセスは出社を前提としたものになっているからだ。ただ、一足飛びにデジタル変革(DX)を進めてもうまくいかない。着実にデジタル化へ取り組んだほうが成功に近づきやすい。

 着手しやすいうえ、デジタル化の効果が大きい代表例が、システムトラブルの報告や経費申請といった日常的に繰り返される「申請業務」だ。申請業務だけに注目すると簡易なツールでも十分に思えるが、将来的な業務プロセス全体のデジタル化を想定する企業は、ITサービスマネジメントとして「単一の統合データベース」「ITIL順守」「クラウド」「ワールドワイド対応」「モバイル対応」で実装したほうがよい。

 本動画では、“withコロナ”時代のニューノーマルな働き方、失敗しないデジタル変革の進め方、デジタル変革で欠かせないITサービスマネジメント(ITSM)のポイントを解説する。動画の後半では、ITSMツールを使って、ノンプログラミングで申請業務フローを作成するデモを紹介する。

この先は日経クロステック Active会員の登録が必要です

日経クロステック Activeは、IT/製造/建設各分野にかかわる企業向け製品・サービスについて、選択や導入を支援する情報サイトです。製品・サービス情報、導入事例などのコンテンツを多数掲載しています。初めてご覧になる際には、会員登録(無料)をお願いいたします。