資料の紹介

 新型コロナウイルスの影響で、テレワークの導入が進んでいる。新しい生活様式の1つとしてさらに拡大しそうだが、テレワークを適切に実施するには様々な課題がある。経理や総務といったバックオフィス業務では、「業務データの共有」と「セキュリティ環境」が重要だ。

 経費精算や勤怠管理などの業務データは、Excelやオンプレミス型会計ソフトで作成して共有する働き方を脱する必要がある。データ送信のたびに複数のバージョンができ、必要なデータを探すのに時間がかかったり、間違ったバージョンで作業してしまったりする。セキュリティ環境としては、ウイルス感染やハッキングなどによるPCからの情報漏洩を防がなければならない。

 本資料では、経理や総務のテレワークに欠かせないITツールについて解説する。業務データの共有をスムーズにする方法として、インターネット上のサーバーを利用するクラウド型の会計ソフトを紹介する。さらにテレワークに有効なPC遠隔操作ツールやリモートアクセスツール、セキュリティ環境を整備する方法として複数台のPCを管理するITツールなどを取り上げる。

この先は日経クロステック Active会員の登録が必要です

日経クロステック Activeは、IT/製造/建設各分野にかかわる企業向け製品・サービスについて、選択や導入を支援する情報サイトです。製品・サービス情報、導入事例などのコンテンツを多数掲載しています。初めてご覧になる際には、会員登録(無料)をお願いいたします。