資料の紹介

 新型コロナウイルス感染症が猛威を振るう中、多くの企業がテレワークへの移行を余儀なくされた。テレワーク自体は、柔軟な働き方を可能にし、業務効率を向上させる「働き方改革」の一環として、これまでにも大手企業を中心に準備が進められてきたため、さほど大きな混乱もなく導入が進んだものの、実際に運用を始めると問題点が次々と露(あら)わになった。

 テレワークでは、社員間のコミュニケーションが困難になるうえ、社員の勤労実態を把握しにくい。さらに、社員の評価もしにくくなり、モチベーション管理も非常に難しくなる。情報を外部に持ち出すことによる情報漏洩のリスクも高まり、チャットツールやメールを中心に仕事をするのでさまざまな場面で無駄な工数が発生する。

 本資料では、アンケートデータを交えて、テレワークに関する企業の悩みを明らかにしたうえで、課題解決に有効な手法として「プロセスマイニング」と「タスクマイニング」について解説する。これらの手法で業務を可視化することで、むだな業務やボトルネック、自動化すべき業務プロセスを特定できるという。

この先は日経クロステック Active会員の登録が必要です

日経クロステック Activeは、IT/製造/建設各分野にかかわる企業向け製品・サービスについて、選択や導入を支援する情報サイトです。製品・サービス情報、導入事例などのコンテンツを多数掲載しています。初めてご覧になる際には、会員登録(無料)をお願いいたします。