資料の紹介

 新型コロナウイルス感染症対策による休校措置を受け、文部科学省は全国の小中学校で児童・生徒に「1人1台端末」の導入を目指す「GIGAスクール構想」の実現を、2023年から2020年へと大幅に前倒しにした。これにより、教員は急ピッチでICTを活用した新たな教育システムを使いこなせるようになることを求められている。

 しかし、コロナ対応など、ただでさえ多忙を極める教育現場にあって、それは容易なことではない。ハードやソフトだけでなく、教員向けの研修サービス、日々の運用支援、機器トラブル時の対応など多角的な支援が必要になる。

 本資料では、「GIGAスクール構想」に取り組む教育現場向けのハードやソフト、各種支援サービスをセットにしたパッケージソリューションを紹介する。空いた時間にどこでも学べるオンライン研修や成功事例集、オンライン対応が可能なヘルプデスク、教材や指導案、授業支援ツールの提供など、多忙な教員を助けるさまざまなサービスを用意している。

この先は日経クロステック Active会員の登録が必要です

日経クロステック Activeは、IT/製造/建設各分野にかかわる企業向け製品・サービスについて、選択や導入を支援する情報サイトです。製品・サービス情報、導入事例などのコンテンツを多数掲載しています。初めてご覧になる際には、会員登録(無料)をお願いいたします。