資料の紹介

 企業のクラウド活用が加速している。営業管理や顧客管理のクラウドサービスを導入したり、既存のオンプレミスのシステムをクラウドに移行したりする企業が増えているのだ。初期投資が小さく、ビジネスの成長に合わせて柔軟に拡張できるクラウドは、いまや企業に不可欠な存在となっている。

 ただし、課題もある。オンプレミスとクラウドが混在したハイブリッドクラウド環境、複数のクラウドが混在したマルチクラウド環境では、さまざまな場所にデータが分散し、管理が複雑になることだ。あるクラウドのデータを別のクラウドに移して分析したり、オンプレミスのデータをクラウドにバックアップしたりするには、複数のツールの組み合わせやノウハウが必要になる。

 クラウド時代により重要性を増すのが、データを保存するストレージだ。本資料では、ストレージ装置のメーカーや機種、クラウドベンダーが異なっても、一元的にデータを保存・管理できる「ストレージ仮想化」の技術を解説する。特定のストレージメーカーやクラウドベンダーにロックインされることなく、データを自由に活用できる技術として、ぜひ注目したい。

この先は日経クロステック Active会員の登録が必要です

日経クロステック Activeは、IT/製造/建設各分野にかかわる企業向け製品・サービスについて、選択や導入を支援する情報サイトです。製品・サービス情報、導入事例などのコンテンツを多数掲載しています。初めてご覧になる際には、会員登録(無料)をお願いいたします。