資料の紹介

 Excelは多くのビジネスの現場で“万能ツール”となっている。営業・顧客管理、人事・総務、生産受発注データ処理、分析など、活用領域は幅広い。Excelのマクロ・VBAを活用して、業務の自動化や高度な集計・分析処理を行っているパワーユーザーもいる。

 ただし、Excel VBAは開発にコストと時間がかかるうえ、全員が習得することは難しい。パワーユーザーの作ったマクロやVBAプログラムが社内で広く活用されるようになると、その人が異動したときに問題が起こる。特定の人しか仕組みを理解しておらず、修正・変更・改善ができなくなってしまうのだ。業務の属人化・ブラックボックス化を招く原因にもなる。

 本資料では、マクロやVBAを使うことなく、簡単にプログラムを作成できる仕組みを解説する。Excelの集計・分析、業務自動化、Microsoft Accessで作った小規模なデータベースのクラウドでの再構築などで活躍する。さらに、この仕組みを使ってRPAや基幹システム、Web APIと連携すると、RPAやExcel単体ではできない高度かつ高速な自動処理も可能になる。マクロ・VBAを使わない、全く新しいExcelベースの超高速開発の仕組みとして、ぜひ注目したい。

この先は日経クロステック Active会員の登録が必要です

日経クロステック Activeは、IT/製造/建設各分野にかかわる企業向け製品・サービスについて、選択や導入を支援する情報サイトです。製品・サービス情報、導入事例などのコンテンツを多数掲載しています。初めてご覧になる際には、会員登録(無料)をお願いいたします。