資料の紹介

 働き方改革とデジタルトランスフォーメーション(DX)には、既に多くの企業が取り組んでいる。重要なテーマとなるのが、業務の効率化・自動化だ。それを狙って現在、多くの企業がRPA(ロボティック・プロセス・オートメーション)の導入を進めている。

 ところが、せっかくRPAを導入したのに、社内展開が期待を下回るという企業は少なくない。導入後に訪れる3つの課題に適切な対処をできていないからだ。課題の1つ目は「部門間障壁」だ。RPAに詳しい社員が特定の部門にしかおらず、全社的の業務自動化が進まない。2つ目は「誤った優先順位」。自動化が容易な業務からロボットの作成が始まり、本当に自動化が必要な多忙な部署が後回しになる。3つ目は「貢献度の可視化」だ。現場の社員がRPAに関心を持てず、時間を割く動機付けができていない。

 RPA導入後に訪れる課題を解決するには、部門の壁を越えてアイデアを出し合い、現場がロボット開発に参加できる仕組みが必要になる。本資料では、そうした仕組みを作る具体的な方法を提案する。「RPAを導入したのに、いま一つ広がらない」と悩んでいるなら、ぜひ目を通してもらいたい。

この先は日経クロステック Active会員の登録が必要です

日経クロステック Activeは、IT/製造/建設各分野にかかわる企業向け製品・サービスについて、選択や導入を支援する情報サイトです。製品・サービス情報、導入事例などのコンテンツを多数掲載しています。初めてご覧になる際には、会員登録(無料)をお願いいたします。