資料の紹介

 機械学習の活用は「予測」の能力を高め、企業にビジネス上の価値をもたらす。例えば、クレジットカード会社はリアルタイムで不正行為を検出し、製造業はプラント機器の故障を事前に予測している。デジタルトランスフォーメーション(DX)に取り組む企業の多くが、機械学習を重要テーマと考えている。

 機械学習モデルの良しあしは、取り込むデータによって決まる。高品質なデータを活用できる状態にしておくことが、機械学習を含むAI(人工知能)に取り組むための大前提となる。企業のリーダーは、ビジネス目標を設定してデータ管理戦略を策定し、専門スキルを持つ人材を適切なポジションに配置し、セキュリティとプライバシーを守りながらデータを取得・管理する体制を構築しなければならない。

 本資料では、機械学習へ取り組むための前提となるデータ管理について、リーダーが知っておくべき基礎知識とやるべきことをコンパクトに整理している。MIT SMR Connectionsが作成した資料で、データ管理戦略のチェックリストも用意されており、非常に実践的な内容だ。

この先は日経クロステック Active会員の登録が必要です

日経クロステック Activeは、IT/製造/建設各分野にかかわる企業向け製品・サービスについて、選択や導入を支援する情報サイトです。製品・サービス情報、導入事例などのコンテンツを多数掲載しています。初めてご覧になる際には、会員登録(無料)をお願いいたします。