資料の紹介

 モバイルやクラウドを活用して時間や場所を有効活用する柔軟な働き方を実現し、生産性向上を図る「働き方改革」の取り組みが進んでいる。この改革の一環として、また、新型コロナのパンデミック下におけるBCP(事業継続計画)対策として、テレワークの早急な導入が求められる。

 だが、テレワーク導入に当たり課題に直面する企業も多い。最大の課題は情報漏洩などのセキュリティリスクへの対処である。外部からの社内ネットワークへのアクセスが増えると、従来のID/パスワードによる認証だけでは限界がある。また、生産性の高いテレワーク環境を実現するには、トラフィック増大への対処も必要だ。

 本資料では、テレワーク導入によりデバイスやアクセス経路が多様化する状況で、企業はどのように利便性を損なわずに認証強化とネットワーク整備を進め、セキュリティを担保していけばよいかを示す。このような問題への対処には、「ITハイジーン(衛生管理)」と呼ばれる考え方が重要になるという。

この先は日経クロステック Active会員の登録が必要です

日経クロステック Activeは、IT/製造/建設各分野にかかわる企業向け製品・サービスについて、選択や導入を支援する情報サイトです。製品・サービス情報、導入事例などのコンテンツを多数掲載しています。初めてご覧になる際には、会員登録(無料)をお願いいたします。