資料の紹介

 コロナ禍でテレワークにシフトする企業が増え、Web会議システムやファイル共有など、SaaS形式のアプリケーション利用が急速に拡大している。それに伴い、回線スピードやアプリケーションの体感スピードが低下するなど、社内ネットワークがボトルネックとなった生産性低下の問題が顕在化している。

 「ウィズコロナ/アフターコロナ」の新しい働き方を実現するには、接続形態による「アクセスのしづらさ」に配慮し、ユーザーの使い勝手を高めるための環境整備が重要になる。そこで改めて注目されているのが、ネットワークの設定をソフトウエアで集中管理するソフトウエア定義WAN(SD-WAN)である。

 本資料では、テレワーク環境で起こるトラフィックの問題をSD-WANがどのように解決するかを説明したうえで、SD-WAN導入支援サービスを紹介する。本社のデータセンターを経由せず拠点から直接アクセスさせる「ローカルブレイクアウト」を集中管理することで、工数やコストを抑えながら、本社と拠点間の回線容量の圧迫や通信品質低下を防ぐという。

この先は日経クロステック Active会員の登録が必要です

日経クロステック Activeは、IT/製造/建設各分野にかかわる企業向け製品・サービスについて、選択や導入を支援する情報サイトです。製品・サービス情報、導入事例などのコンテンツを多数掲載しています。初めてご覧になる際には、会員登録(無料)をお願いいたします。