資料の紹介

 新型コロナウイルス感染症対策として、テレワークを導入する企業が増えている。その多くが、直接対面できないテレワークの欠点を補うため、Web会議を活用している。場所にとらわれず、資料共有も簡単にできるWeb会議は、今やビジネスに不可欠なツールだ。

 ただ、Web会議は万能ではない。多くの企業が短期間で導入した結果、Web会議のデメリットも見えてきた。例えば、相手と予定を合わせて事前準備するのは手間がかかり、気軽な対面コミュニケーションの代替にはならないという声は多い。また、話した内容の記録が残らないため、業務の抜け漏れを不安視する声も少なくない。場の空気を読みづらく、対面より集中力が必要で疲れやすいというユーザーもいるようだ。

 Web会議ツールの限界を補う方法として、本資料ではビジネスチャットとの組み合わせを提案する。映像・音声中心のWeb会議とテキスト中心のビジネスチャットの併用で、Web会議のデメリットをカバーする。テレワーク時代の新しいコミュニケーションの姿を確認したい。

この先は日経クロステック Active会員の登録が必要です

日経クロステック Activeは、IT/製造/建設各分野にかかわる企業向け製品・サービスについて、選択や導入を支援する情報サイトです。製品・サービス情報、導入事例などのコンテンツを多数掲載しています。初めてご覧になる際には、会員登録(無料)をお願いいたします。