資料の紹介

 今や、あらゆる企業がデジタルトランスフォーメーション(DX)に取り組んでいる。DXでは、ビジネス環境の変化や技術の進化への迅速な対応が求められる。それを実現するため、開発担当と運用担当が一丸になってシステムを継続的に改善する「DevOps」の実現を目指す企業も増えてきている。ただ、思うように成果が出ないという声は少なくない。

 問題は意外なところ、サーバーの「監視」にあるかもしれない。DevOpsはシステムを改善し続ける取り組みだ。改善の起点となる課題は、監視で見つける場合も多い。開発担当を含む多くのメンバーが監視のスキルを持ち、相互に理解し合いながら改善サイクルを回す――。これを実現できれば、DevOpsへの取り組みは成功に近づく。

 本動画では、DevOpsの実現で必要になる監視とは何かを解説している。併せて、DevOpsやクラウド活用を念頭に置いた新しい監視ツールを紹介する。直感的なUIや多くのAPIを提供し、開発担当にも使いやすい点が特徴だ。開発担当、運用担当が同じサービスを利用し、DevOpsで求められる監視を実現できる。

この先は日経クロステック Active会員の登録が必要です

日経クロステック Activeは、IT/製造/建設各分野にかかわる企業向け製品・サービスについて、選択や導入を支援する情報サイトです。製品・サービス情報、導入事例などのコンテンツを多数掲載しています。初めてご覧になる際には、会員登録(無料)をお願いいたします。