資料の紹介

 携帯電話や無線LANは、水道やガス、電気のように日常生活に欠かせない存在となり、人々は有線または無線接続なしでは1日も過ごせなくなりつつある。今後、通信のデータ量がさらに増え、高速化するにつれて、有線や無線LANを支えるテクノロジーを集約した高速・大容量の光ファイバー通信インフラへのニーズは、際限なく広がっていくだろう。

 イベント会場やデータセンター、自動化された工場、交通・運輸など主要分野の光ファイバーインフラに関しては既に、信頼性の高い常時接続の確保が必須となっている。そうした中で、光ファイバー配線システムに対して、適切な敷設・試験・障害復旧・保守のベストプラクティスを確実に実施することが、かつてなく重要になっている。

 本資料は、光ファイバー配線の敷設に当たっての、各段階の測定試験の実施タイミングと、実施すべき理由や使用すべき機器の選択指針を含めたベストプラクティスを詳しく解説したガイドである。障害発生の最大要因であるファイバー端面の検査・クリーニングから損失/長さ試験、光ファイバー配線の性能測定および障害復旧などについても、丁寧に解説している。

この先は日経クロステック Active会員の登録が必要です

日経クロステック Activeは、IT/製造/建設各分野にかかわる企業向け製品・サービスについて、選択や導入を支援する情報サイトです。製品・サービス情報、導入事例などのコンテンツを多数掲載しています。初めてご覧になる際には、会員登録(無料)をお願いいたします。