資料の紹介

 光ファイバーネットワークは、ビジネスにとって最も重要な資産であるデータセンターの中核をなしており、ダウンタイムの発生やパフォーマンスの低下は許されない。アプリケーションが広帯域幅を必要とし、伝送速度が高まるにつれ、光ファイバー配線に要求される損失バジェット(許容値)はかつてないほどに厳しくなっている。

 そこで重要になるのが、10Gから40G、100/400Gbpsへと高速化する光ファイバーネットワークにおける損失バジェットの減少に伴って、再現性を確保した高確度測定を実施することである。特にデータセンターでは、数百Gbpsの配線システムがたった一つの微少な埃(ほこり)でダウンすることがあり、一刻も早い障害要因の検出が求められる。

 本資料では、光ファイバーインフラ構築に関する広範な最新知識を詳細に解説する。規格化動向や市場動向の概観をはじめ、光ファイバー伝送の基礎、光ファイバー配線システムで性能を確実に出すための配線性能要件、敷設ケーブル品質の適切な評価方法、認証試験と効率的な障害復旧、光ファイバー端面の検査とクリーニング方法などについて述べる。

この先は日経クロステック Active会員の登録が必要です

日経クロステック Activeは、IT/製造/建設各分野にかかわる企業向け製品・サービスについて、選択や導入を支援する情報サイトです。製品・サービス情報、導入事例などのコンテンツを多数掲載しています。初めてご覧になる際には、会員登録(無料)をお願いいたします。