資料の紹介

 コロナ禍でテレワークの導入が急速に進んだ。再度の感染拡大への備えや働き方改革として、テレワークの定着を狙う企業も増えている。こうした状況で「VDI(仮想デスクトップ基盤)」が脚光を浴びている。時間や場所を問わずにPC環境を使えるうえ、クライアント端末にデータを保存させずに高いセキュリティを確保できるからだ。

 ただ、実際に運用する企業が増えた結果、VDIが従業員の生産性を低下させる場合もあると分かってきた。VDIでは、サーバー上で仮想的なPCを稼働させ、クライアント端末との間で画面や操作の情報をやり取りする。こうした仕組みであるため、自宅の回線速度が遅いと応答が遅くなる。また、始業時に起動が集中するなど、サーバーに大きな負荷がかかると重くなる。導入・運用コストの高さも課題だ。

 本資料では、VDIのメリットとデメリットを詳しく解説し、デメリットを解決する方法を紹介する。「クライアント端末にデータを残さない」というセキュリティ要件を満たしつつ、VDIに起因する問題を解消する。低コストにセキュリティ、使い勝手を両立する新しい選択肢としてチェックしておきたい。

この先は日経クロステック Active会員の登録が必要です

日経クロステック Activeは、IT/製造/建設各分野にかかわる企業向け製品・サービスについて、選択や導入を支援する情報サイトです。製品・サービス情報、導入事例などのコンテンツを多数掲載しています。初めてご覧になる際には、会員登録(無料)をお願いいたします。