資料の紹介

 優秀な人材を素早く採用し、効率よく手続きを済ませて、速やかに業務を開始してもらう。そのためには採用・入社プロセスのデジタル化が必要だ。

 デジタル化された労働環境を望む若者は多く、企業にとって人材獲得競争のポイントになっている。ミレニアル世代の93%が会社を選ぶ際に、最新のテクノロジーが導入されているかどうかも重要な判断材料だと答えたという調査結果もある。また、採用候補者との文書のやり取り、すなわち内定通知、契約、署名、確認などにおいて大量の書類を使用していると、膨大な時間と労力がかかってしまう。迅速に採用を完了できず、候補者を逃してしまう恐れがある。

 本資料では、人材採用の課題を解決する、人事部のデジタルトランスフォーメーション(DX)について解説する。例えば、紙の内定通知書を郵送する代わりに、電子署名を用い電子化した内定通知を送信すれば、候補者はパソコンやモバイル端末で書類の内容を確認し、署名・なつ印できる。時間を節約できるだけでなく、会社の人事管理システムと連携できるので、データを再入力するといった作業も不要になる。

この先は日経クロステック Active会員の登録が必要です

日経クロステック Activeは、IT/製造/建設各分野にかかわる企業向け製品・サービスについて、選択や導入を支援する情報サイトです。製品・サービス情報、導入事例などのコンテンツを多数掲載しています。初めてご覧になる際には、会員登録(無料)をお願いいたします。