資料の紹介

 政府がデジタル庁創設に動くなど、デジタルトランスフォーメーション(DX)の機運が高まっている。多くの企業はDXの一環として、素早い変更や柔軟な拡張の実現、IT運用コストの低減などを目指してITインフラの刷新を進めている。

 DXのためのITインフラは、パブリッククラウドが最適と指摘する声が多い。ただ、企業には、高速なパフォーマンス、厳格なセキュリティ、高可用性が求められるITシステムが存在する。法令や業界規則でパブリッククラウドを利用できない場合もある。そのため、従来型のオンプレミス(自社所有)やプライベートクラウドと組み合わせたハイブリッドクラウドが現実解となる。

 ハイブリッドクラウドでは、ワークロード(システムの処理)をどのITインフラで稼働させるかが課題になる。本資料は米IDCが作成したリポートで、ITインフラを刷新する要因やワークロードの最適配置について、DXに取り組む企業への調査結果をまとめている。どのようなITインフラがDXを成功に導くのか、ITの責任者や担当者はぜひ押さえておこう。

この先は日経クロステック Active会員の登録が必要です

日経クロステック Activeは、IT/製造/建設各分野にかかわる企業向け製品・サービスについて、選択や導入を支援する情報サイトです。製品・サービス情報、導入事例などのコンテンツを多数掲載しています。初めてご覧になる際には、会員登録(無料)をお願いいたします。