資料の紹介

 PCのセットアップは一見地味な作業だが、テレワークの実施やオフィス移転で大きなネックになる。新型コロナウイルスの感染拡大で、テレワークが急速に普及した。それに伴って郊外へのオフィス移転やオフィス縮小の動きもある。PCのセットアップで手間取ると、新しい環境での仕事をスムーズに始められない。

 オフィス移転では、移転先のフロアや組織に応じてネットワークの設定が変わる。PCやプリンターを手作業で設定変更すると膨大な時間と手間がかかる。自宅やサテライトオフィスでのテレワーク時も同様だ。さらに日々の運用で、セキュリティパッチの適用、アプリケーションのバージョンアップなどが必要だ。PC管理者は、未登録機器の検知や資産台帳の管理をしなければならない。

 日本航空(JAL)はかつて本社移転に4000台を超えるPCを移設した。この際、PCの設定変更を自動化するツールをグループ企業で開発して、移設作業を2日で完了させた。本資料では、JAL本社移転時のPC移設の経緯や、それをきっかけに生まれたPCのセットアップや資産管理を自動化するツールを解説している。

この先は日経クロステック Active会員の登録が必要です

日経クロステック Activeは、IT/製造/建設各分野にかかわる企業向け製品・サービスについて、選択や導入を支援する情報サイトです。製品・サービス情報、導入事例などのコンテンツを多数掲載しています。初めてご覧になる際には、会員登録(無料)をお願いいたします。