資料の紹介

 製造業の企業にとって、変化の激しい時代に、商品開発のスピードを向上させることは重要課題の1つとなっている。競争を勝ち抜く上で、経営者には、開発を効率化するための体制構築が求められる。

 では、どうすれば良いか。タイヤメーカー大手のTOYO TIREは、自動車業界の変革に対応するための開発基盤として、さまざまなシミュレーションプロセスと、そこで得られた情報の管理を行うSPDM (Simulation Process and Data Management)システムに注目した。過去の設計データや試験結果、シミュレーション結果、報告書などを1つのプラットフォームに統合することで、データ同士をひも付けて、設計の高度化・効率化を実現する。

 本動画では、TOYO TIREが開発・導入したSPDMシステムの事例について解説する。設計の高度化・効率化に加えて、シミュレーションによって実際にタイヤを作る前にその良しあしを判断できるようになり、開発に必要な時間を大幅に短縮できるようになったという。

この先は日経クロステック Active会員の登録が必要です

日経クロステック Activeは、IT/製造/建設各分野にかかわる企業向け製品・サービスについて、選択や導入を支援する情報サイトです。製品・サービス情報、導入事例などのコンテンツを多数掲載しています。初めてご覧になる際には、会員登録(無料)をお願いいたします。