資料の紹介

 少子高齢化により、日本の生産年齢人口は年々減少し続けている。総務省の統計では、10年ごとに10〜15%のペースで減少し、2050年には現在の7割弱にまで減少するという。企業にとって、人手に代わる労働力の確保、つまりデジタルワーカー導入の検討は喫緊の課題となっている。

 デジタルワーカーを導入し、業務を自動化すれば、業務が効率化し、生産性が向上する。定型業務から解放された人材を、より付加価値の高い業務にアサインすることで、部門や組織力の強化も実現できる。このように多くのメリットが期待できるデジタルワーカーだが、実際に導入するには、どのような業務から、どう進めていくのが良いのだろうか。

 本資料では、製造業を題材に、経営管理、マーケティング、財務や人事総務から研究開発、製造の現場まで、あらゆる部門で活躍するデジタルワーカーの事例を紹介する。加えて、3つの具体的な事例を挙げて、その活用術と導入効果を解説する。例えば外観検査工程への導入事例では、デジタルワーカーと人工知能(AI)の組み合わせにより、検査量が増えるほど検査精度が向上し、品質が改善するシステムを紹介している。

この先は日経クロステック Active会員の登録が必要です

日経クロステック Activeは、IT/製造/建設各分野にかかわる企業向け製品・サービスについて、選択や導入を支援する情報サイトです。製品・サービス情報、導入事例などのコンテンツを多数掲載しています。初めてご覧になる際には、会員登録(無料)をお願いいたします。