資料の紹介

 新型コロナウイルスの流行をきっかけに、多くの企業でテレワークが導入された。しかし、社内で十分な検討をする時間もないままに、暫定的にテレワークを導入せざるを得なかった企業も多いだろう。そのような企業は、セキュリティリスクやネットワークの遅延などの問題を抱えているかもしれない。

 テレワークで成功するには、単なるコロナ対策としてではなく、「2025年の崖」やダイバーシティなど将来の変化を見据え、ユーザーの特徴に合わせた環境を構築することがカギとなる。テレワークについては現状、万能なベストプラクティスはないと言われており、役職や職種、業種、業態に応じて最適解を考えていく必要がある。

 本資料では、「セキュリティの検討が不十分のまま、テレワーク環境を構築してしまった」ケース、「セキュリティ問題はクリアしているが遅延が発生している」ケースについてそれぞれ解決策を提示する。その場しのぎの対策ではなく、セキュリティやワークスタイルの多様化に対応したシステム作りが急務となっている。

この先は日経クロステック Active会員の登録が必要です

日経クロステック Activeは、IT/製造/建設各分野にかかわる企業向け製品・サービスについて、選択や導入を支援する情報サイトです。製品・サービス情報、導入事例などのコンテンツを多数掲載しています。初めてご覧になる際には、会員登録(無料)をお願いいたします。