資料の紹介

 増え続ける規制に絶えず変化するビジネス要件、そして顧客ニーズの進化。すぐにも対応すべき案件が山積しているにもかかわらず、ITインフラがネックとなって対応できない――。米国のエンジニアリング会社Nol-Tec Systemsはかつて、深刻な悩みを抱えていた。

 Nol-Tecの顧客は、食品から電力、医薬品、バイオマスまで広範囲にわたっており、絶えず変化する政府の規制やエンジニアリング上の要件変更に同社も対応し続ける必要がある。しかし、当時のNol-TecのITインフラは処理能力不足に加え、“つぎはぎ状態”で多くの管理ツールを必要とし、IT部門は保守と更新に忙殺されていた。

 シンプルで変化に強いITインフラを手に入れようNol-Tecが選んだのは、ハイパーコンバージドインフラ(HCI)上でハイブリッドクラウド・プラットフォームを実行する「ソフトウエア定義データセンター(SDDC)」である。本資料では同社がインフラを刷新した経緯と刷新後の成果を紹介する。通常、数週間かかるSDDCの展開を数日で完了できた理由についても解説する。

この先は日経クロステック Active会員の登録が必要です

日経クロステック Activeは、IT/製造/建設各分野にかかわる企業向け製品・サービスについて、選択や導入を支援する情報サイトです。製品・サービス情報、導入事例などのコンテンツを多数掲載しています。初めてご覧になる際には、会員登録(無料)をお願いいたします。