資料の紹介

 ハイ・パフォーマンス・コンピューティング(HPC)とは、大規模で高性能なコンピュータシステムを用いて、膨大な計算処理を行うことだ。従来は数学的モデルの解決や複雑なシミュレーションなどの科学分野での活用が大半だったが、人工知能(AI)の急速な発展により、企業での意思決定、高度なデータ分析、モデリングなどへ用途が広がっている。

 HPCシステムは非常に高性能だが高額だ。投資対効果が明白でないと、企業は導入に踏み切れない。さらに、HPCの分野は技術進化のスピードが速く、最新のHPCシステムは処理性能はもちろん、冷却性能や消費電力、設置スペースなどで、レガシーなHPCシステムを大きくしのぐ。

 本資料では、最新のHPCシステムを導入した企業や大学、研究機関を調査し、導入から3年間にかかったコストと得られた利益を精査している。タイムトゥバリューの短縮、研究効率の向上、エンジニアリング時間の短縮、運用コストの削減を分析・評価して定量化した本リポートは、最新HPCシステムの本当の価値を確認できる貴重な資料だ。

この先は日経クロステック Active会員の登録が必要です

日経クロステック Activeは、IT/製造/建設各分野にかかわる企業向け製品・サービスについて、選択や導入を支援する情報サイトです。製品・サービス情報、導入事例などのコンテンツを多数掲載しています。初めてご覧になる際には、会員登録(無料)をお願いいたします。