資料の紹介

 多くの企業が、データやデジタル技術を活用して事業を変革するデジタルトランスフォーメーション(DX)に取り組んでいる。ただ、スムーズには進んでいないという企業が多数派だ。DXを推進するための人材不足が課題となっている。

 DXでは、商品・サービスの「仮説・検証・改善」サイクルの高速化が求められる。顧客起点でデータを分析し、仮説を設定して検証する。仮説・検証・改善サイクルを高速に回して、商品・サービスを開発したり改善したりする。これにはITエンジニアと事業部門の担当者の連携が不可欠だ。ITエンジニアが最新テクノロジーのスキルを身につけるだけでなく、“文系職”のビジネス部門の社員にもITリテラシーの向上が要求される。

 DXの成功の鍵は、「デジタルが分かる」人材をいかに育成できるかにかかっている。しかし、既存の社内研修やトレーニングだけでは、達成が困難だ。本資料は、DXに不可欠な人材育成に加えて、自律的に学習する企業文化を醸成する方法を解説する。三菱UFJ銀行やみずほフィナンシャルグループ、豊田通商などの著名企業も活用している手法をぜひ確認したい。

この先は日経クロステック Active会員の登録が必要です

日経クロステック Activeは、IT/製造/建設各分野にかかわる企業向け製品・サービスについて、選択や導入を支援する情報サイトです。製品・サービス情報、導入事例などのコンテンツを多数掲載しています。初めてご覧になる際には、会員登録(無料)をお願いいたします。