資料の紹介

 コネクテッドカーの普及が始まり、自動運転車の開発が進むにつれて、車載ネットワークの重要性は増している。ECU(電子制御ユニット)の制御通信に使用する「CAN」をはじめ、車載マルチメディアネットワーク「MOST」、各種ボディ制御用途に使う「LIN」など、最近のクルマは通信プロトコルのかたまりと言っていいぐらいだ。

 中でも、高速大容量通信を可能にする「車載Ethernet」は、自動運転車が搭載する大量のセンサーデータを扱ううえでも、超高速・大容量の第5世代移動通信システム(5G)で外部とやり取りするうえでも、今後、必須の技術となるだろう。実際、有望な次世代規格として採用する自動車メーカーが増えている。

 本資料では、クルマのネットワーク化を支える技術として、主要なリアルタイム車載ネットワークおよびコネクティビティに関する7つの技術と関連ソリューションを紹介する。車載分野で実証済みの光/電気物理層の技術に関するノウハウを反映した製品/サービスのほか、サポートやトレーニングに関する情報も示している。

この先は日経クロステック Active会員の登録が必要です

日経クロステック Activeは、IT/製造/建設各分野にかかわる企業向け製品・サービスについて、選択や導入を支援する情報サイトです。製品・サービス情報、導入事例などのコンテンツを多数掲載しています。初めてご覧になる際には、会員登録(無料)をお願いいたします。