資料の紹介

 自動車業界では自動運転やeモビリティの開発が加速しており、電気/電子や通信といった領域にも革新的な技術が次々と導入されている。その結果、自動車には、従来のシグナルベース通信に加えて、サービス指向アーキテクチャー(SOA)に基づく新たなプロトコルと技術が搭載されるようになりつつある。

 従来の技術をベースとした設計と、最新技術をベースとした設計が一つのシステムで混在するようになったことから、開発現場ではこの2つのギャップをいかに埋めるかが課題となりつつある。新旧の技術が混在して複雑化したシステムを包括的にテストするには、多くの経験とスキルが必要になる。

 本資料では、単体ECU(電子制御ユニット)および車載ネットワーク全体の開発/テスト/解析を可能にする、ソフトウエアツールによる包括テストとシミュレーションについて解説する。次世代カーエレクトロニクスでは、従来型ECUに対応した「Classic AUTOSAR」および、統合ECUに対応した「Adaptive AUTOSAR」の両方のアプリケーションに対する統一テストが求められ、これまでと全く異なるアプローチが必要になる。

この先は日経クロステック Active会員の登録が必要です

日経クロステック Activeは、IT/製造/建設各分野にかかわる企業向け製品・サービスについて、選択や導入を支援する情報サイトです。製品・サービス情報、導入事例などのコンテンツを多数掲載しています。初めてご覧になる際には、会員登録(無料)をお願いいたします。