資料の紹介

 新型コロナウイルスとの戦いが長期化している。2020年4~5月の緊急事態宣言下では多くの企業がテレワークを実施したが、生産性の低下やコミュニケーションの不活性化に悩む企業が多かった。あるアンケートによると、テレワーク導入企業の半数以上がオフィス中心の働き方に戻す意向を示していた。

 だが、今後も感染が広がる時期にはテレワークの再拡大を余儀なくされる可能性が高い。生産性を落とさず、セキュリティレベルを維持し、十分なコミュニケーションを確保するテレワークのやり方を確立しないと、競合に後れを取る恐れがある。

 本資料では、企業向けのクラウド型ビジネスツール「Google Workspace(旧称G Suite)」を中心に、生産性、セキュリティ、コミュニケーションの3つの課題を解決する方法を解説する。ツールの使いどころや活用Tipsのほか、Google Workspaceだけでは不足する部分を補うツールも併せて紹介する。

この先は日経クロステック Active会員の登録が必要です

日経クロステック Activeは、IT/製造/建設各分野にかかわる企業向け製品・サービスについて、選択や導入を支援する情報サイトです。製品・サービス情報、導入事例などのコンテンツを多数掲載しています。初めてご覧になる際には、会員登録(無料)をお願いいたします。