資料の紹介

 日本企業の多くが今、基幹システムにまつわる様々な課題に直面している。例えば、IT人材不足や担当者の引退・退職により既存のIT基盤の維持が困難になったり、長年にわたり増設を繰り返してきた結果、システムが複雑化し、維持管理の負担が増したりするケースは多い。

 抜本的な解決策のひとつが、「基幹システムのオープン化、またはオープンシステムとの連携」だ。しかしオープンシステムでは、ハードウエア、基盤ミドルウエア、OSを自由に組み合わせられる半面、それぞれの仕様や品質が不整合を起こす可能性が高い。また、トラブル発生時の障害検出や修正が煩雑になり、運用負荷が増すという本末転倒の結果になりかねない。

 本資料では、既存の基幹システムに匹敵する可用性や信頼性を担保しながら、柔軟性のあるオープンシステムを構築できる「高可用Linuxプラットフォーム」を紹介する。ハードウエアと基盤ミドルウエア、OSを組み合わせた状態で事前評価しているので不整合のリスクが少なく、プラットフォーム全体を一元的にサポートするため、障害発生時にも迅速に対処できるのがメリットという。

この先は日経クロステック Active会員の登録が必要です

日経クロステック Activeは、IT/製造/建設各分野にかかわる企業向け製品・サービスについて、選択や導入を支援する情報サイトです。製品・サービス情報、導入事例などのコンテンツを多数掲載しています。初めてご覧になる際には、会員登録(無料)をお願いいたします。