資料の紹介

 従来の3層構造のインフラに代わって、HCI(ハイパーコンバージドインフラ)を導入する企業が増えつつある。HCIは、仮想化プラットフォームとサーバーとストレージをセットにした一体型のアプライアンスであり、サイジングから導入までの期間を短縮でき、各コンポーネントの管理を統合することでTCOも削減できるとされている。

 ただし、様々なベンダーが提供するHCI製品から、自社の用途に合ったものを選択するとなると、簡単にはいかない。システムの規模(ノード数)や、性能拡張に関する要件、インフラの設計・構築にかけられる時間などを考慮し、各製品の特徴を押さえたうえで選択する必要がある。

 本動画では、ベンダー6社のHCI製品を扱う販社のエンジニアが、設計、運用、保守の3つの観点から、HCIの特徴を分かりやすく解説する。実際の製品も取り上げ、用途や規模に応じたモデル選択の目安、他の製品と比較した特徴、エンジニア目線での長所などについて掘り下げて説明している。

この先は日経クロステック Active会員の登録が必要です

日経クロステック Activeは、IT/製造/建設各分野にかかわる企業向け製品・サービスについて、選択や導入を支援する情報サイトです。製品・サービス情報、導入事例などのコンテンツを多数掲載しています。初めてご覧になる際には、会員登録(無料)をお願いいたします。