資料の紹介

 新型コロナウイルスの感染拡大により、医療従事者たちは未曽有の危機に直面している。自身が感染のリスクにさらされているだけでなく、コロナ以外の患者に十分な医療を提供したくても提供できずにいる。過重労働の負担も重く、いつ医療崩壊してもおかしくない状況だ。

 こうしたなか、医療従事者の感染リスクを下げつつ患者に対しても医療を提供できるオンライン診療や、安定した病院ネットワークの確立が急務となっている。だがその実現には、いつでもセキュアに使える信頼性の高いネットワークインフラが不可欠だ。

 本資料では、止めることが許されない診療や治療などの基盤向けに、導入から運用管理に至るまで、リモートからクラウド経由で実行可能にし、病院ネットワークの隅々まで可視化できるソリューションを提案する。スマートカメラや各種センサーを使った患者のモニタリングや薬品庫の管理なども可能だ。

この先は日経クロステック Active会員の登録が必要です

日経クロステック Activeは、IT/製造/建設各分野にかかわる企業向け製品・サービスについて、選択や導入を支援する情報サイトです。製品・サービス情報、導入事例などのコンテンツを多数掲載しています。初めてご覧になる際には、会員登録(無料)をお願いいたします。