資料の紹介

 「企業は人なり」と言われる。優れた人材を採用できるか否は常に経営課題だ。採用方法の1つとして昨今注目されているのが、社員が就職希望者を紹介する「リファラル採用」だ。マッチする人材を獲得しやすく、職場への定着も期待しやすい。さらに求人広告や転職エージェントに比べると採用コストが低い。

 リファラル採用は社員が制度の存在を認知し、友人・知人を紹介したいと考えるようにならないと機能しない。そのため、紹介した社員に報酬を支払う制度にしている企業が多い。ただ、歴史の浅い採用方法ゆえに、各業種、職種、企業規模でどのくらい報酬にすればいいのか、高くすれば紹介率は高まるのかなど不明瞭な点もある。

 本資料では、社員が就職希望者を紹介する「リファラル採用」について、実施企業への調査に基づいて解説している。紹介した社員への報酬額の相場、友人紹介率の関係を明らかにしたうえで、大手企業がリファラル採用をうまく進めるために必要なポイントを提示する。

この先は日経クロステック Active会員の登録が必要です

日経クロステック Activeは、IT/製造/建設各分野にかかわる企業向け製品・サービスについて、選択や導入を支援する情報サイトです。製品・サービス情報、導入事例などのコンテンツを多数掲載しています。初めてご覧になる際には、会員登録(無料)をお願いいたします。