資料の紹介

 ドイツの医療保険関連のIT市場で最大のマネージドサービスを提供するBITMARCK(ビットマーク)は、モジュラー型インフラストラクチャを新たに導入。顧客向けサービスのパフォーマンスを25パーセント向上すると同時に、一体型アーキテクチャにより、ネットワーク接続コストやケーブル配線の労力軽減、冷却コスト削減も実現した。

 BITMARCKは常にITインフラの刷新を図っている。同社の医療/保険業界向けITサービス「BITMARCK_21c|ng」を通じて、顧客に常に最適な作業環境を提供するとともに、顧客層の拡大に伴うニーズの変化にも対応するためだ。今回の刷新では、将来に向けた対応性の高さを評価してモジュラー型ソリューションを選んだ。

 本資料は、BITMARCKにおけるモジュラー型インフラストラクチャ導入の取り組みと、導入後の効果についてまとめた事例報告である。「BITMARCK_21c|ng」のパフォーマンス向上に加え、省スペース、電力および冷却コストの削減などについて、IT責任者のコメントとともに紹介している。

この先は日経クロステック Active会員の登録が必要です

日経クロステック Activeは、IT/製造/建設各分野にかかわる企業向け製品・サービスについて、選択や導入を支援する情報サイトです。製品・サービス情報、導入事例などのコンテンツを多数掲載しています。初めてご覧になる際には、会員登録(無料)をお願いいたします。