資料の紹介

 クラウド活用が進むにつれ、運用面でさまざまな問題が生じている。クラウドは導入が容易なため、事業部がバラバラに導入し、どの部門が、どのサービスを、どれだけ使っているかが見えづらくなる。その結果、全体のコストを把握できず、セキュリティやガバナンス面でも不安を抱く企業が増えている。

 また、オンプレミスとクラウドが混在するハイブリッドクラウド化、複数のクラウドを使い分けるマルチクラウド化により、システムの複雑化も進んでいる。環境によって使用する運用ツールが異なり、求められるスキルも多様化している。慢性的な人手不足に苦しむIT部門にとっては、ますます厳しい状況に追い込まれているのが現実だ。

 本資料はシステム運用を変革する方法について、経営層とIT部門の双方を対象に解説している。特にIT運用部門だけでなく、IT企画部門、開発部門、財務部門まで含めた包括的な取り組みを解説している点に注目したい。複雑化したシステム運用の負荷軽減は、IT運用部門だけの問題ではないのだ。ぜひ目を通して、問題解決のヒントにしてもらいたい。

この先は日経クロステック Active会員の登録が必要です

日経クロステック Activeは、IT/製造/建設各分野にかかわる企業向け製品・サービスについて、選択や導入を支援する情報サイトです。製品・サービス情報、導入事例などのコンテンツを多数掲載しています。初めてご覧になる際には、会員登録(無料)をお願いいたします。