資料の紹介

 デジタル変革の時代を迎え、IT部門のミッションも、従来のビジネス支援から、ビジネスのけん引および戦略的な競争優位の実現へと変わってきた。顧客と従業員のエクスペリエンス向上を目指し、ビジネスや意思決定プロセスに新しいテクノロジーを融合させることが、今のIT部門には求められている。

 しかし、多くの企業には、複雑なITインフラや業務アプリケーション群が存在し、これらを管理することに予算や人手の多くが費やされている。こうした企業にとっては、日々の運用業務の負担を軽減し、ビジネスをけん引する戦略的な取り組みに注力できるようにすることが喫緊の課題だ。

 本資料では、システム運用管理の負担軽減策として、ITインフラの監視/運用/保守/最適化を支援するマネージドサービスに注目。そのユーザー6社に導入効果をヒアリングした結果を定量的にまとめた。IT部門の生産性、運用コスト、ダウンタイム、セキュリティ対応のスピードなどについて改善度を算出。6社平均で、年184万ドル相当の価値を創出したと結論づけている。

 

この先は日経クロステック Active会員の登録が必要です

日経クロステック Activeは、IT/製造/建設各分野にかかわる企業向け製品・サービスについて、選択や導入を支援する情報サイトです。製品・サービス情報、導入事例などのコンテンツを多数掲載しています。初めてご覧になる際には、会員登録(無料)をお願いいたします。