資料の紹介

 新型コロナウイルス感染症への対応で、ニューノーマルな働き方としてテレワークの円滑な実行が重要課題になっている。ただ、テレワークにはクラウドの利用増が伴うため、セキュリティ面の不安がついてまわる。サイバー脅威への防御を確立しないと、この新しい働き方はうまく機能しない。

 大企業で広く利用されている「Microsoft 365 E3」はセキュリティ機能を備えているが、テレワークが前提となる昨今では、さらに高度な防御システムが必要となる。具体的にはEDR(エンドポイントの検知と対策)、CASB(マルチクラウドの一元セキュリティ管理)、IDセキュリティなどだ。ただ、個別に製品を導入するとITコストが増大し、管理も複雑でIT部門の負担が増えてしまう。

 本資料では、ニューノーマル時代の高度なセキュリティを実現する手段として「Microsoft 365 E3」から「Microsoft 365 E5」へのアップグレードを提案する。Microsoft 365 E5は同E3のセキュリティ機能に加え、EDR、CASB、IDセキュリティを組み込んでいる。加えて、セキュリティアナリストが24時間365日体制で運用監視を行うサービスも紹介する。資料はマンガで説明しており、要点を素早くつかめる。

この先は日経クロステック Active会員の登録が必要です

日経クロステック Activeは、IT/製造/建設各分野にかかわる企業向け製品・サービスについて、選択や導入を支援する情報サイトです。製品・サービス情報、導入事例などのコンテンツを多数掲載しています。初めてご覧になる際には、会員登録(無料)をお願いいたします。